産後の抜け毛と髪を触る癖

30代の主婦です。私の髪の毛の悩みは二つあるのですが、まず一つ目は産後の抜け毛がすごかったので、切れ毛のようになり、髪の毛を結んだりアレンジしたりすると短い毛が目立ちピンピン立って鬼太郎のようになる事です。抜け毛は今はだいぶ減りましたが、本当にハゲるかと思いました。毎日お風呂で髪の毛をシャンプーすると、ごそっと抜けます。トリートメントで洗い流す時に髪の毛をとくとまたごそっと抜けて、毎日排水溝の掃除をしなければならなくて本当に大変でした。切れ毛の対策は、前髪をバッサリ切ることで対処できましたが、長年、前髪は長くしていたので、かなり勇気のいる事でした。
もう一つの悩みは髪の毛をくねくね触る癖がある事です。これは旦那から指摘を受けましたが、昔からの癖で自分では気が付いていなくてなかなか治らないのであまりにも触っている時は注意してもらうようにしています。

子供の歯磨きでもう苦労したくない
そんなママたちにオススメの歯磨き粉がブリアンです。
虫歯になりやすい子供にはブリアンがいいです。

肌荒れから逃れられない人生

生まれつき肌が弱い体質でした。物心がついた頃には既にアトピー性皮膚炎にかかっていて、耳が切れたり、腕の関節がひび割れて血が出たりが日常でした。

小学生になって頃アトピーがやっと落ち着いてきた頃には、酷いにきびに悩みました。肌を清潔に保つため洗顔をしても、友人よりも早い時間に寝て規則正しい生活をしても、周りの友人の誰よりも酷い肌荒れで鏡を見るのが嫌でした。

肌に合った洗顔料や化粧水を見つけるのが一番だと雑誌で読み、人気のあるものを試してみましたが、その度にまた荒れるのでむやみに新しいものに手が出せなくなりました。

皮膚科に行って見てもらったところ、ぱっと軽く見ただけで新しい洗顔や化粧水のせいだと決めつけられ、全部の使用をやめるよう言われました。「肌は乾燥している位が清潔で一番菌が増えくい状態。乾燥していてちょうどいいから何もつけないで。」と言う言葉を信じて、何もつけずに出してもらった抗生物質の軟膏のようなものをにきびが特に酷い部分にだけつけました。しかし効果は一時的で慢性的なにきびができやすい肌は改善されず、乾燥が目立って肌全体が赤くなったので仕方がなく再び化粧水の使用を始めました。

20代に入り、にきびからできものや毛穴の目立ちの悩みにそのままシフトチェンジ。化粧をするようになり、ある程度隠せるようになりましたが、脂性肌で化粧が崩れやすく、時間が経つと化粧が浮いてきてすっぴんよりも酷く見えることがあります。肌が荒れやすいのは変えられない体質で、このまま肌荒れからは逃れられない人生なのかと思うと悲しくなります。

まつげ美容液について

まつげを綺麗に長く見せる為に多くの人がそれぞれ様々な方法で試行錯誤されていると思います。

まつげ美容については化粧品派、エクステ派、まつげ育毛派など様々あると思いますが、今回はまつげ育毛についてです。

まつげ美容液といっても色々な物があり、その効果のほども色々ですが、大きく分けて二つのタイプがあると思います。「毛根に染み込ませるタイプ」と「まつげのキューティクルに浸透させるタイプ」です。この二つは筆の形状で判断出来ると思います。

様々なまつげ美容液を試した結果は「どれも効果がある」という事です。むしろ重要なのは使用法や使用頻度だと思いました。もし初めてまつげ美容を試してみようと思うのであれば、必ず一日二回朝晩の洗顔後に使用し一カ月は続ける事だと思います。逆にこまめに洗顔&塗布をしていれば美容液の種類は重要では無いかも知れません。

またビューラーやマスカラを多く使用する方にオススメなのはグロス効果のある美容液を先に塗布し乾かしてからビューラーやマスカラを使用する事です。これで日々のまつげへのダメージも軽減し、ビューラー前にハリコシも出来るので形状も維持しやすいかと思います。

女性育毛剤の中でもロンセラーの
人気を誇るマイナチュレの口コミで参考になるサイトです。
マイナチュレ育毛剤を体験しました

健康は健康でも、一人では成し得ない健康。

これは、周りの支えがあったから、とか、みんなで頑張ってるから、というキレイな健康話ではありません。健康について思い出されるのは、ある先生についてです。

学生の頃、睡眠オタクな先生がいました。睡眠についての講義をしてくれるのですが、やたら詳しく、専門の先生なので当たり前なのでしょうが、おおよそご自身も質の良い睡眠を取られてるんでしょうね、と鼻で笑いたくなるような、人当たりもあまり芳しくない先生です。その先生のお名前が康先生とおっしゃるのですが、まさかと思っていると、康先生のお兄様は健さん。二人合わせて健康。

あっぱれといったところですが、健さんはさておき、康先生の授業は眠くて、板書もほとんもとっておらず、試験も残念な結果でした。ただ、ひとつだけ、康先生からの教えで記憶に残っていることは、『健康維持は、一人で行うのには限界がある。周りの協力が必要なことも多々ある。』

そりゃそうだ、と首を縦にブンブン振りました。一人では成し得ないですよね、健さん、康先生。

Vラインの黒ずみケアに
人気のピューレパールが詳しく紹介されているブログです。
http://www.tappenz.info/

可愛く綺麗になりたい。

綺麗になりたい。可愛くなりたい。女性なら誰でも思うことだと思います。

私の話しですが、学生時代は自慢できるほど、ニキビなど全くない綺麗な肌でした。18歳で就職し、お化粧するようになり、ニキビや赤いポツポツが出来てきたりしてきました。化粧水なども一切使ってなく何にも肌のケアを知らないわたしだったので、すぐに肌トラブルが出ました。

そこから色々調べて、高いものから安いものまで化粧水を試してみました。色々試した結果、わたしは極潤の化粧水が1番合ってました!高ければいいものではないとわたしは思います。高いのを使った時にすっごくヒリヒリして使えませんでした…。
今も極潤を使っています。

それを塗りながらフェイスマッサージを心掛けています。太ると顔につきやすく、二重あごになりやすいのです。なので、塗りながらフェイスマッサージをします。正直めんどくさくてやらない時もあるのですが、やはりやるのとやらないのとでは違いますね。

めんどくさがりですが、頑張ってます。もっと色々研究していきたいなと思います。